滋賀区

株式会社ワコールホールディングス

[知る]<,,

戦争から帰還した青年の思い、「女性の美しさ」を願いビルを建てた近江商人

第二次世界大戦の終結から約1年が経った、昭和21(1946)年6月。小隊55名のうち、たった3名の生き残りの1人として京都の地に戻った塚本幸一(つかもとこういち)が、「和江商事(わこうしょうじ)」を創業したのが「ワコール」の起源です。

もともと滋賀県出身の近江商人であった塚本家。呉服の商人として商いを始めた塚本幸一は、「美しさ」を捨てなければならなかった戦中の女性たちを見て、「女性を美しくしたい」という思いから、ネックレスなど装身具の卸・販売を始めました。3年後、洋装の流行とともに、バストを形良く見せる「ブラパット」の取り扱いを開始。これが大成功を収め、今や世界中に拠点を持つ企業として成長を続けています。

詳細情報

お問合せ
株式会社ワコール 麹町ビル
住所
東京都千代田区麹町1-1
公式サイト
http://www.wacoalholdings.jp

最終更新日:2017年04月07日 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。