滋賀区

伊藤忠商事株式会社

[知る]<,,

近江商人の魂を受け継ぎ、世界で活躍する総合商社「伊藤忠商事」

日本屈指の総合商社として名高い伊藤忠商事は、幕末の安政5(1858)年に近江国で創業。総合商社「丸紅」とは同じ起源を持ちます。

創業者の初代伊藤忠兵衛(写真)は、繊維品の小売業を営んでいた伊藤家の次男として誕生。当時呉服の取り扱いは京都が中心であったにも関わらず、いち早く大阪に店を構え、経営の合理化と組織化を次々と決断。一方、伊藤家では毎月1と6のつく日に店の者を集め、主従の区別なく席をともにしてスキヤキを食べるという「スキヤキ会」を開くなど、従業員を大切にすることを忘れない人物でした。

近江商人の経営哲学「三方よし」を事業の基盤としていた忠兵衛ならではの精神は、いまの社風にもしっかりと生きています。

詳細情報

住所
東京都港区北青山2-5-1
電話番号
03-3497-2121
公式サイト
http://www.itochu.co.jp/

最終更新日:2017年02月26日 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。