滋賀区

銀座しのはら

[食べる]<,,

近江食材の魅力を引き出す、銀座の人気会席料理店

高級飲食店の激戦区、銀座の街に近江発の人気会席料理店「銀座しのはら」があります。店主の篠原武将さんは若干36歳。名だたる料亭で修行を積み、27歳の時に滋賀県湖南市で店を構えました。9年間の営業の後、2016年10月に満を持して銀座二丁目に移転。食通からの支持も高く、半年先まで予約が難しい人気店として注目を集めています。

提供する料理は23,000円のコースのみ。鮎やイノシシなど滋賀の新鮮な食材と、キャビアやフォアグラをはじめ世界中の食材のコンビネーションを楽しむことができます。写真のモロコは信楽焼の趣のある器の中で生きたまま運ばれ、串焼きにしてくれます。

店主の美しい手さばきと活きのいいモロコが飛び出す様はまさに食のエンターテインメント。絶品の料理の数々に舌鼓を打ちながら、気がつけば滋賀の情景が目の前に広がってくることでしょう。予約を取ることが難しい人気店ですが、「銀座しのはら」での特別な時間を、ぜひ一度体験して頂きたいところです。

詳細情報

35.6721142139.77082530000007
住所
東京都中央区銀座2-8-17 ハビウル銀座2 B1
電話番号
03-6263-0345(※要予約)
営業時間
17:00~23:00
定休日
日曜

最終更新日:2017年02月26日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。