滋賀区

釜屋もぐさ本舗

[買う]<,,,

鋳物師から廻船問屋、そしてもぐさ専門店へ

日本橋小網町にある「釜屋もぐさ本舗」はお灸の専門店。店のルーツは江戸時代初期の近江国栗太郡辻村(現在の滋賀県栗東市辻)に辿り着きます。この地域は鋳物師を数多く輩出しており、関東方面に出職・出店した鋳物師では田中家・太田家が特に知られていました。釜屋もぐさ本舗の初代・治左衛門は田中家の下で働いていましたが、万治2年(1659)に独立し、小網町で廻船問屋を営みます。当初は鍋釜・穀物・醤油を扱っていましたが、やがて故郷の近江産もぐさを仕入れ、三代目の時代からはもぐさ専門店となりました。当時は川でツツガムシに噛まれたらお灸をすえると良いと言われており、もぐさは旅の携帯品、土産物として重宝されていたといいます。

店内には江戸時代に鋳造・改鋳された天水桶用の鉄釜の一部が掲げられており、家業を守り継ぐ商家の歴史を伝える貴重なものとして、中央区の「区民有形民俗文化財」に指定されています。

健康増進・疲労回復に効くとされるお灸は、現代でも愛用者は少なくありません。「釜屋もぐさ本舗」は場所を気にせず気軽に使ってほしいという思いから、もぐさを紙筒に詰めて皮膚との間に空間を作って温度調節する「カマヤミニ」や、煙の出ない「カマヤミニ スモークレス」などを開発しています。

詳細情報

35.68148083552331139.7814217382623
お問合せ
釜屋もぐさ本舗
住所
東京都中央区日本橋小網町6-1
電話番号
03-3667-3551
営業時間
9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
公式サイト
https://www.mogusa.co.jp/

最終更新日:2021年03月05日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。