滋賀区

招福楼 東京店

[食べる]<,,,

日本の美が織りなす贅沢空間で感じる八日市本店の歴史

明治初年創業、茶懐石・会席料理がいただける料亭「招福楼(しょうふくろう)」。日本の真価を食を通じて伝えるべく、茶禅一味の哲学による最高の“おもてなし”を提供してくれます。滋賀県東近江市(旧・八日市市)で歴史を重ねた老舗が、2002年に東京駅前丸ビル36階に東京店をオープン。八日市本店の心意気をそのままに「古き又新しき日本の美を求めて」をコンセプトにした料理、日本空間を堪能することができます。メニューは毎月「お雛祭り」などテーマに沿った会席料理で、四季折々の風情も楽しめます。

滋賀の水に近い飲料水を取り寄せて調理するメニューは、本店と同様の味をいただくことが可能。全ての料理、器、空間に日本の美が物語られており、招福楼へ一歩足を踏み入れば、日々の喧騒から離れた静寂と気品に満ちた贅沢な空間に酔いしれることでしょう。

詳細情報

35.68123509999999139.76399489999994
住所
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 36F
電話番号
03-3240-0003
営業時間
11:30~15:00(LO14:00)、17:00~23:00(LO21:00)、[日・祝]17:00~22:00(LO20:00)
定休日
不定休 (※1月1日は休み)
公式サイト
http://www.shofukuro.jp/

最終更新日:2017年02月26日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。