滋賀区

てしごとや霽月

[食べる]<,,,,

全国の地酒と新鮮な炉端焼き料理を楽しむ大人のお店

その数80銘柄以上。全国のこだわりの地酒が楽しめる「てしごとや 霽月」。人通りで賑わう神楽坂の通りから、暖簾をくぐり階段を上がると、一転して落ち着いた大人の空間が出迎えてくれます。

「てしごとや 霽月」は、毎朝築地で仕入れた海の幸や、焼き鳥をその場で炉端焼きで提供してくれるスタイルで、何を食べても美味しいと評判の居酒屋。全国の個性ある日本酒と、その日のおすすめの料理の組み合わせはまさに自由自在。オープンキッチンのカウンターで臨場感を味わうもよし、その日の気分で個室、座敷も選べます。

また、滋賀県の地酒としては喜多酒造の「喜楽長 三方良し」がラインナップ。きめ細かく味のバランスが良いこのお酒には、特に焼き魚との相性が抜群に良いのだとか。他にも季節に応じて笑四季酒造の日本酒も入荷。こちらは、芳醇な香りと口に含んだときの柔らかな甘味が特徴です。

旬の食材と全国の地酒の組み合わせは、いつ来ても新しい驚きがあり、ついついまた行きたくなること間違いありません。

詳細情報

35.702352139.73756
住所
東京都新宿区 神楽坂6-77 神谷ビル2F
電話番号
050-5799-2629
営業時間
平日/17:00~23:30  土・日・祝/16:00~23:00
公式サイト
http://www.teshigotoya.net/

最終更新日:2018年03月30日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。