滋賀区

珈琲 琵琶湖

[食べる]<,,,

その名も「琵琶湖」、近江商人ゆかりの純喫茶

下町のぬくもりが残る町、蒲田。その商店街の中に、どこかホッとする昭和の香りが残る純喫茶があります。その名も「珈琲琵琶湖」。

名前の由来は、先代の店主が滋賀県近江八幡市の乾物屋「ビワコ屋」で丁稚奉公した後、暖簾分けして蒲田の地で始めた漬物屋から。昭和54年、当時は少なかった喫茶店へと転身し「珈琲 琵琶湖」となりました。現在でも近江商人の教え「三方良し」や「先義後利」(義を先にし、利を後にすれば栄える)といった考え方を大事に守り、地域に根ざした営業を続けます。

お店の一番人気は「昔ながらのナポリタンセット」(飲み物サラダ付き・880円)とキャラバンコーヒー豆の「オリジナルブレンド(400円)」。2代目である店主夫妻と娘さんの家族経営で、蒲田ならではの純喫茶として地元から愛されるお店です。

詳細情報

35.567798139.725242
住所
東京都大田区蒲田2丁目4−7
電話番号
03-3739-4986
営業時間
8:30~18:30(食材がなくなり次第終了)
定休日
水曜日

最終更新日:2017年03月31日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。