滋賀区

「名水白木屋の井戸」の碑

[知る]<,

近江商人が掘りあてた江戸の名水「名水白木屋の井戸」

ビジネスマンからショッピングを楽しむ人まで、多くの人が行き交う日本橋駅に直結した「COREDO日本橋」。そんなCOREDO日本橋アネックス前の広場脇に、ひっそりと佇むのが「名水白木屋の井戸」の碑です。

江戸時代のはじめ、下町一帯の井戸は飲料に適する良水が得られず付近の住民は水不足に苦しんでいました。長浜出身の商人・大村彦太郎が寛文年間、江戸日本橋に江戸の三大呉服店のひとつ「白木屋」を創業。正徳元年(1711年)、白木屋2代目当主が私財を投じて井戸掘りを開始しました。その結果、井戸の中から1体の観音像が出たのを機に、こんこんと清水が湧き出したと伝えられています。以来、付近の住民ならず諸大名の用水ともなって広く「白木名水」とうたわれてきました。

白木名水は湧出してから数100年の時を経て消失しましたが、江戸の歴史を辿る上で大切な井戸ということもあり、現在の井戸はCOREDO日本橋アネックス前の広場脇に再現したものです。

詳細情報

35.682852139.775072
住所
東京都中央区日本橋1-6 COREDO日本橋アネックス広場

最終更新日:2017年02月28日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。