滋賀区

矢尾百貨店

[知る]<,,,

「他所者」だからこそ地域に尽くす。近江商人の精神で、地元から愛され続ける百貨店

埼玉県秩父市にある「矢尾百貨店」は、2017年に創業270周年を迎えます。地元に尽くし、愛され続ける百貨店。企業の理念として掲げる「売り手よし・買い手よし・世間よし」は近江商人の精神に由来します。

創業者、矢尾喜兵衛は現在の滋賀県出身の近江商人。10代半ばで奉公先の矢野家から配置換えの命を受けて埼玉県秩父市に移り住み、独立して酒造業を始めます。その後、地域の需要に応じて商いの幅を広げ、百貨店へと成長しました。

幕末、明治期には2度の一揆に見舞われ他の豪商が次々と打ち壊される中、矢尾家はほとんど被害を受けませんでした。これは、矢尾家が常に「他所者」であるとの意識を持ち、この土地に尽くしてきた所以だといわれます。

詳細情報

35.992402139.079095
お問合せ
株式会社矢尾百貨店
住所
埼玉県秩父市上町1丁目5-9
電話番号
0494-24-8080(代表)
公式サイト
http://www.yao-dept.jp/

最終更新日:2017年04月07日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。