滋賀区

和える発酵おかず きざみ北之庄菜

[買う]<,

近江の伝統野菜「北之庄菜」を料理のアクセントに!

不揃いな形とうっすらとしたピンク色が可愛らしい「北之庄菜」は、滋賀県近江八幡市の北之庄地域だけに伝わってきた伝統野菜。蕪の一種ですがその名の通り葉っぱまで柔らかく食べられ、ちょっと甘くてほろ苦い味が特長です。そんな北之庄菜をいつでも手軽に食べられるよう商品化されたのが「きざみ北之庄菜(443円~)」です。

地元の乳酸菌と米糠で1か月半じっくりと発酵させた北之庄菜をきざみ、無添加の醤油や味噌、はちみつで旨味をプラスしました。マヨネーズと和えれば特製「北之庄菜発酵タルタル」の出来上がり!魚介類との相性は抜群です。

また、おにぎりやお茶漬けはもちろん、チャーハン、パスタなどアレンジは自由自在。栄養も豊富な簡単発酵おかずが手軽に食べられます。

■首都圏での取り扱い店舗

日本百貨店しょくひんかん
住所:東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA(ちゃばら)内
電話:03-3258-0051

詳細情報

お問合せ
株式会社木馬
住所
滋賀県近江八幡市桜宮町213-3
電話番号
0748-33-1234
公式サイト
http://www.kitanoshouna.jp

最終更新日:2017年03月22日 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。