滋賀区

赤こんにゃく<乃利松>

[買う]<,

他にない赤いこんにゃく。誕生の裏側には派手好きな信長説も!?

織田信長が安土城を築いた滋賀県近江八幡市では、全国でも珍しい赤いこんにゃくが慣れ親しまれてきました。これは派手好きな織田信長がこんにゃくまで赤く染めさせたとか、近江商人が全国を行脚している際にこのような奇抜なアイデアを思いついたなど諸説ありますが、はっきりしたことは分かっていません。

赤く染める原料は三二酸化鉄(さんにさんかてつ)という食品添加物で、赤色を出す以外に食物繊維やカルシウムといった栄養を含んでいます。やわらかな食感が特長で、料理には普通のこんにゃくと同じように使えます。地元では冠婚葬祭のご馳走に欠かせない食卓を彩る食材として重宝されています。

■首都圏での取り扱い店舗:

日本百貨店しょくひんかん
住所:東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA(ちゃばら)内
電話:03-3258-0051

日本橋髙島屋
住所:東京都中央区日本橋2丁目4番1号
電話:03-3211‐4111(百貨店代表)
https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/

詳細情報

お問合せ
乃利松食品 吉井商店
住所
滋賀県近江八幡市為心町上21
電話番号
0748-32-2475
公式サイト
http://www.norimatu.com/index.html

最終更新日:2017年03月22日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。