滋賀区

旬彩 鯛樹

[食べる]<,,,,

新鮮な旬のお魚とちょっといいお酒を楽しむ浜松町の割烹

ビジネス街の印象の強い浜松町駅から歩いて3分、こじんまりとした飲食店が並ぶ一画に、店を構える「旬彩 鯛樹」。黒を基調とした和モダンな内装の割烹で、宇和島鯛めしが人気メニューですが、オーナーシェフの岡本氏は滋賀県の出身です。

「旬彩 鯛樹」は「ちょっといい料理とちょっといいお酒」がコンセプトで、毎朝愛媛から直送される活きのいい天然真鯛や築地で仕入れるその日一番のお魚・お野菜など、旬の食材と料理に合う日本酒が味わえるお店。店名の通り真鯛を使った料理が特徴的ですが、藏尾ポークなど滋賀の食材も一品料理として楽しめます。

そんな自慢の料理に、胸を張っておすすできる日本酒として滋賀の地酒も厳選。冨田酒造の「七本鎗」に上原酒造の「不老泉」そして、川島酒造の「松の花」などを提供。七本鎗なら熱燗で楽しんだりと、料理との相性でおまかせしてみるのがいいかもしれません。

看板メニューの「宇和島鯛めし」はランチでも楽しめるので、色んなシーンで楽しんでみるのはいかがでしょうか?

詳細情報

35.657304139.756918
住所
東京都港区浜松町1-24-5
電話番号
03-3431-1113
営業時間
ランチ/11:30 - 13:30 ディナー/18:00 - 23:00(LO 22:30)
定休日
日曜・祝日
公式サイト
http://shunsai-taiki.com/index.html

最終更新日:2018年03月30日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。