滋賀区

ラ・ブシュリー近江

[食べる]<,,,

フレンチを通して近江牛の魅力を世界に発信

「近江牛を海外の人にも楽しんでもらいたい」という店主のスピリットが溢れた「ラ・ブシュリー近江」。
近江牛を用いたフレンチのメニューが充実し、なかでも「近江牛ハンバーグ(1,680円)」は肉厚でぎっしり。ひと口いただくと、近江牛独特の甘い肉汁が滲み出す絶妙な一品です。

テイクアウトも夜10時30分まで可能、自宅でゆっくり本場の近江牛を楽しめるのも、このお店の魅力のひとつ。精肉店直営なので牛肉の扱い方は天下一品。どの部位をどのように調理すれば最も美味しいのか研究された料理の数々は、ハンバーグやローストビーフ、サンドウィッチなど豊富なバリエーションで近江牛の旨味を存分に味わうことができます。

詳細情報

35.663912139.7578208
住所
東京都港区新橋4-21-6 TKビル2
電話番号
03-3431-3635
営業時間
デリカテッセン11:00~22:30、ランチ11:30~15:00(LO14:30)、ディナ-17:30~23:30(LO22:30) 定休日:日曜(ただし月曜祝日の場合は営業、翌日休み)
定休日
日曜(ただし月曜祝日の場合は営業、翌日休み)

最終更新日:2017年03月08日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。