滋賀区

近三

[食べる]<,,,

昔ながらの流儀を守った老舗の蒲焼

小伝馬町の路地を一つ曲がると、辺りから漂う香ばしい匂いが食欲を掻き立てます。
明治2年創業の老舗うなぎ料理屋「近三」。路地奥に佇む、老舗感たっぷりの木造家屋が歴史を感じさせます。

創業者は松木三次郎。近江の出身です。店名の「近三」は故郷の近江から「近」の一字を取り、三次郎の「三」と組み合わせた事に由来します。現在は五代目の店主が昔ながらの流儀を守った蒲焼を受け継ぎ、多くのお客様を魅了し続けています。芳醇な脂がたっぷりとのった鰻に、代々伝わる秘伝のタレをつけて頂く蒲焼は、香り豊かで箸が止まらない一品です。写真の「梅」は2,800円と良心的な価格設定もうれしい。近江から伝わった約150年の歴史をもつ蒲焼を、ぜひ一度堪能してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

35.6920093139.78007690000004
住所
東京都中央区日本橋小伝馬町15-16
電話番号
03-3661-6367(※要予約)
営業時間
11:30~14:00、17:00~20:00
定休日
日曜・祝日

最終更新日:2017年02月26日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。