滋賀区

季節料理 小伝馬

[食べる]<,,

日本酒は近江の「道灌」のみを扱う 鮮魚と季節料理が自慢の居酒屋

馬喰横山駅から徒歩1分と好アクセスの「季節料理 小伝馬」。この店の日本酒は、滋賀県草津市の太田酒造が手がける「道灌(どうかん)」のみを取り扱っています。

太田酒造は、関東地方の戦国武将・太田道灌の子孫が1874(明治7)年に創業した酒造です。その歴史は三代将軍・徳川家光の命で、関守(関所の番人)として草津に移った太田家が、江戸時代末期に年貢の近江米を使い、酒造りを行ったことに始まります。

店主の福間大地さんによれば、「道灌の良いところは、味がハッキリしていてコクがあり、どっしりしているところ」。お米の味がよく出ているので、一口飲んだだけで道灌だとわかるとか。小伝馬では道灌を扱い始めて15年以上が経つそうですが、これからも変える予定はないとのことです。清酒、たる酒、山廃純米など常時7種類と、豊富なラインナップも魅力です。

道灌にぴったりで、お客さんにも人気のメニューは、豊洲市場直送の「本まぐろ三種盛り(700円)」と、菜の花やほうれん草など季節により変わる「旬の野菜のおひたし(380円~)」。近江の銘酒と一緒に味わえば、美味しさもひとしおです。

詳細情報

35.691921139.781873
お問合せ
季節料理 小伝馬
住所
東京都中央区日本橋横山町3-15
電話番号
03-6206-2770
営業時間
[月~金]11:30~13:30/17:00~23:00 [土]15:00~21:00
定休日
日曜・祝日・8月の土曜
公式サイト
https://kodenma.com

最終更新日:2020年03月19日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。