滋賀区

甲賀坂

[知る]<,,

東京に甲賀忍者の名残を発見!?今も残るルーツを探る

「お茶の水仲通り」にあるNTT駿河台の前から「明大通り」の明大前交差点を通り、山の上ホテル前にいたる場所に、『甲賀坂』と名付けられたゆるやかな坂があります。「甲賀」と言えば、忍者の里として有名な滋賀県甲賀市のこと。しかし、なぜ東京で「甲賀坂」なのでしょうか?

江戸時代に江戸の名所について掲載していた『新編江戸志』によると、「甲賀組(滋賀県甲賀市出身の者たちの通称)が多く住んでいたからという説、かつて光感寺の領地がありこれが転じたという説、馬場昌宇という医師の屋敷があったからという説の三説があった」とあり、真相は定かではありません。いずれにしても、明治時代にこのあたりが甲賀町と呼ばれていたことは事実。甲賀忍者の名残が、どこかにあるのかもしれません。

詳細情報

35.697086139.763403
住所
千代田区神田駿河台一丁目

最終更新日:2017年02月26日 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。