滋賀区

豪徳寺

[知る]<,,

「ひこにゃん」のモデルとなった“白い招き猫”がずらり!

滋賀県のゆるキャラといえば、一世を風靡した「ひこにゃん」。実はモデルとなった招き猫が東京都世田谷区の豪徳寺(ごうとくじ)にいます。

江戸初期、彦根藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りにこの付近を通りかかると、寺の飼い猫が手招きひとつ。一休みしていこうと寺に入った途端に雷雲が立ち込め、瞬く間のうちに豪雨に。「この猫が招いてくれたから濡れずに済んだ。縁起が良い」と大変喜んだそうです。これを機に、寺は井伊家の菩提寺とされました。

豪徳寺の猫には、招き猫の左手に小判がありません。金銭への執着を良しとしなかった井伊家ならではの招き猫です。境内には奉納された約1,000匹もの招き猫がずらり!ぜひ幸福を呼ぶ招き猫たちに会いにいってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

35.648752139.647384
住所
東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
電話番号
03-3426-1437

最終更新日:2017年04月07日 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。