滋賀区

浅草寺の時の鐘

[知る]<,,,

滋賀県出身の鋳物師がつくった、浅草寺「時の鐘」

徳川幕府の時代、世界有数の100万都市として栄えた江戸の街では、定刻になると「時の鐘」を鳴らして人々に時刻を知らせていました。上野、浅草、日本橋など合計10か所に設置されていた鐘の1つが、今も浅草寺に現存しています。

浅草寺の鐘は元禄5年(1692年)に将軍徳川綱吉の命により、太田近江大掾藤原正次(おおたおうみだいじょうふじわらのまさつぐ)が鋳造したもの。太田家は「釜六」の名で知られた滋賀県栗東市出身の鋳物師の一族で、幕府の「御成先鍋釜御用(おなりざきなべがまごよう)」を命じられ、およそ200年間にわたり多くの作例を残しました。

浅草の時の鐘は、松尾芭蕉の句「花の雲 鐘は上野か 浅草か」でも有名。現在も毎朝6時に「明け六つ」の鐘が鳴らされています。

詳細情報

35.713968139.79645
お問合せ
浅草寺
住所
東京都台東区浅草2-3-1
電話番号
03-3842-0181
公式サイト
http://www.senso-ji.jp

最終更新日:2017年04月07日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。