滋賀区

浅草寺 伝法院庭園

[知る]<,,

穏やかな大池泉と小径が織りなす閑静な庭園

国指定名勝、東京を代表する名所「浅草寺」の境内にある本坊の伝法院の庭園は、小堀遠州作と伝えられています。

小堀遠州は、現滋賀県長浜市小堀町出身の近江小室藩主で江戸初期の大名。作事奉行(幕府関連諸施設の建築関係を司った長官)として建物の修繕や造園を担当。また、千利休、古田織部に師事し茶道の本流を受け継ぎ、徳川将軍家の茶道指南役を務めるなど当時の茶道第一人者として活躍しました。

細い流れでつながれる2つの池と周囲をめぐる小径からなる回遊式庭園は面積約3700坪。庭園内には茶室「天佑庵」がある他、諸所に石塔や石灯籠などが置かれ、景観に趣を添えています。池泉を回遊して大書院の向かいにある中島に立つと、飛石を配した泉と大書院と五重塔、そしてスカイツリーを一望できます。

例年春のみ一般公開されます。

詳細情報

35.713472139.794802
住所
東京都台東区浅草2-3-1
電話番号
03-3842- 0181
営業時間
通常非公開・一般公開時期あり(2019年においては、庭園整備工事により公開中止予定)
公式サイト
http://www.senso-ji.jp/guide/guide13.html

最終更新日:2019年03月28日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。