滋賀区

ホテルニューオータニ<彦根藩中屋敷跡>

[知る]<,,,,

江戸から戦後、現代まで時代の中で守り続けた日本庭園

千代田区の紀尾井町にある「ホテルニューオータニ」。そのサービスと格式の高さには定評があり、“御三家”の一つとして数えられるホテルです。ここには江戸時代、滋賀県彦根市にある「彦根城」の城主、井伊家の中屋敷があり、隠居した主や成人した跡継ぎが住んだと言われています。

現在、ホテルのシンボルでもある美しい日本庭園は、時代が変わるごとに持ち主を変えながら守り続けられてきたもの。第二次大戦後には外国人の手に渡ろうとした際「この由緒ある土地を売り渡すのは惜しい」という、故・大谷米太郎氏(ホテルニューオータニ創業者)の想いから買い取り改修されました。

庭園内には、石の灯篭や樹齢200年を超える大木も現存。歴代の大名や彦根藩士たちも愛した風景を想像しながら、散策することができます。

詳細情報

住所
東京都千代田区紀尾井町4-1
電話番号
03-3265-1111(ホテル代表)
公式サイト
http://www.newotani.co.jp/tokyo/

最終更新日:2017年04月07日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。