滋賀区

掃部山公園

[知る]<,,

開国の地・横浜に建つ、元彦根藩藩主・井伊直弼の記念碑

桜の名所として知られている「掃部山公園(かもんやまこうえん)」。古くは日本初の鉄道が新橋〜横浜間に敷設された際の事業拠点として、明治時代には「鉄道山」と呼ばれていました。明治15(1882)年頃に旧彦根藩の士族らが「鉄道山」の丘を購入。横浜開港に貢献した幕府大老・井伊直弼の記念碑を建設しました。その際、直弼の通称「井伊掃部頭(いいかもんのかみ)」にちなみ「掃部山」と名付けられました。

現在、直弼の像が建つのは、滋賀県彦根市の彦根城と、この「掃部山公園」の2カ所だけ。直弼が茶道に通じていたことから、掃部山公園では昭和40年から毎年8月に、茶会「虫の音を聞く会」も開かれています。

詳細情報

35.452432139.626807
住所
神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘57
公式サイト
http://www.city.yokohama.lg.jp/nishi/miryoku/kouen/kamonyamakoen.html

最終更新日:2017年04月07日 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。