滋賀区

越生ブリュワリー<麻原酒造>

[買う]<,,

琵琶湖の波の歌に込められた、 初代の想いを受け継ぐ日本酒

埼玉県の中央部、越生町にある麻原酒造の直営店「越生ブリュワリー」。看板商品は、日本酒「琵琶のささ浪(720㎖1100円~)」です。ラインナップは純米酒、純米吟醸、純米大吟醸のほか、原酒もあります。純米系は、キリッとした飲み口と、ほんのりフルーティーな香りが特徴。雑味のないフレッシュな味わいで、日本酒が初めてという人にも飲みやすいはず。お酒だけでも楽しめますが、刺身やカルパッチョなど、あっさりしたつまみとよく合います。

このお酒に「琵琶」の名が入っている理由は、麻原酒造の創業者・麻原善次郎が滋賀県の出身だから。日野町で生まれた善次郎は、9歳で青梅の酒造屋に奉公するため、東京にやってきます。そこで20年勤めたあと、1882(明治15)年に29歳で麻原酒造を開業しました。

善次郎は、子孫に向けて「近江やに名高き松の一本木 先から先へと開くささ浪」という歌を残しています。近江を離れても彼の脳裏には琵琶湖畔の景色が焼き付いていたのでしょう。歌には「真面目に努力し、人に喜ばれる酒造りをしていれば、ささ浪の如く、大浪となって世界中に浸透していくだろう」という想いが込められています。

越生ブリュワリーでは日本酒をメインに、ビールやリキュール、焼酎なども製造・販売しており、お土産や贈り物にぴったりです。

詳細情報

35.948127139.29769
お問合せ
越生ブリュワリー<麻原酒造>
住所
埼玉県入間郡越生町大字上野2906-1
電話番号
049-298-6010
営業時間
10:00~18:00
定休日
年末年始
公式サイト
http://www.musashino-asahara.jp

最終更新日:2020年03月19日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。