滋賀区

赤駒<深大寺まいり あめや>

[買う]<,,

有名小説やNHK連続テレビ小説にも登場!  東近江市出身の店主が受け継ぐ藁の馬

東京都調布市の深大寺参道にある休み処「あめや」では、とある貴重なお土産が人気です。藁細工の馬、「深大寺赤駒(あかこま、1500円~)」です。赤駒とは、防人に召集された夫の無事を祈って詠まれた、『万葉集』の歌に登場する馬がモチーフになった伝統工芸品。今ではあめや店主・西村さんと娘さんが、その制作を受け継いでいます。
松本清張の長編小説『波の塔』や、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』に登場したことから、赤駒はテレビや雑誌などにも多数取り上げられました。

あめやでは、原料の藁は、西村さんの故郷である滋賀県東近江市のものを使用。1束1束手作業で刈り、東京まで運んだあと丁寧に叩いて柔らかくしてから馬の形にしていきます。たてがみの部分は綺麗にまっすぐ揃えなければいけないため、一番気を遣う部分だとか。一つ作るだけでも、大変な手間がかかるものですが、西村さんは「伝統を継承していきたい」との思いで、40年近く作り続けてきました。

あめやでは赤駒のほか、滋賀県の多賀大社の近くで取れるススキを使った吊るし飾り「ふくろう(1000円)」も販売。また深大寺名物のそばを生地に練り込んだ「そばぱん(300円)」や、よもぎの香り豊かな「草餅(200円)」など、軽食や甘味で参拝客をもてなしています。

詳細情報

35.667273139.549771
お問合せ
深大寺まいり あめや
住所
東京都調布市深大寺元町5-15-10
電話番号
042-485-2768
営業時間
9:00~17:00
定休日
月曜(月曜が祝日の場合翌日休み)
公式サイト
https://chofu.com/ameya/

最終更新日:2020年03月23日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。