滋賀区

クリスマスブーツ

[知る]<

「クリスマスブーツ」誕生の地が滋賀県草津市に

街中がクリスマスソングやイルミネーションに彩られる冬の時期になると、いたるところで目にするのがサンタさんのブーツにお菓子が詰まった「クリスマスブーツ」。スーパーやコンビニのレジ横に並ぶ姿を見てクリスマスを感じる方も多いのではないでしょうか。そんなクリスマスブーツ、実は滋賀県草津市が発祥の地だったんです。

クリスマスブーツが誕生したのは今からちょうど60年前。滋賀県草津市にあるお菓子の包装材などを扱う会社「近商物産」が初めて世に送り出したと言います。先代の社長がクリスマスツリーに飾られていたサンタのブーツ型のオーナメントを見て思いついたそうです。それ以来、半世紀以上も作り続け、現在でも近商物産がクリスマスブーツの国内シェアNO.1を守り続けています。

詳細情報

最終更新日:2017年04月07日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。