滋賀区

キャンパスノート

[知る]<

年間約1億冊のキャンパスノートを滋賀工場で生産

滋賀工場で主に生産される「キャンパスノート」は年間約1億冊!もはや知らない人はいない「キャンパスノート」。学生時代はもちろん、誰もがいちどは手にして使ったことがきっとあるはず。そんな「キャンパスノート」が、じつは主に滋賀県愛荘町にあるコクヨ滋賀工場で生産されていることをご存知でしょうか。

その量は年間で約1億冊。積み重ねると富士山100個分という驚きの高さです。近年では、カラフルなデザインの限定柄や、大人キャンパスノートなど、幅広い年齢層に向けた様々なデザインも展開しています。また、キャンパスノートを生産する滋賀工場では、この他にも琵琶湖・淀川水系のヨシでできたエコ文具「ReEDEN(リエデン)」ブランドを立ち上げ、「ヨシノート」をはじめ​、滋賀の手土産文具「びわこ文具」​を企画開発し、地域に根ざした活動にも積極的です。

詳細情報

お問合せ
株式会社コクヨ工業滋賀
住所
滋賀県愛知郡愛荘町上蚊野312
電話番号
0749-37-3611
公式サイト
https://www.kokuyo-shiga.co.jp/

最終更新日:2017年04月19日 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。