滋賀区

団喜の塩大福<荻窪餡>

[買う]<,,,

湖国近江の和菓子を東京にお届け

「荻窪餡」の店頭には、大福をはじめ上生菓子や団子など色とりどりの和菓子が並んでいます。店主の浅野忠輝さんは、滋賀県大津市の和菓子店「団喜」の社長と旧知の中。その縁から2013年に「湖国近江和菓子処 団喜」を開店し、「団喜」の和菓子を取り寄せて販売するようになりました。その後、団喜以外の和菓子の取り扱いもするようになったため店名を「荻窪餡」に変更し、現在に至ります。

店の看板商品「荻窪大福」には最高級のもち米と評される「滋賀羽二重糯」を使用。コシがあってきめ細かく、甘さ・白さ・柔らかさすべての面において優れているもち米です。ずんだ大福、プリン大福、季節限定の大福など様々な味がありますが、人気は三種の「塩大福餅」。定番の「塩大福餅」はこしあん、「よもぎ塩大福」と「黒豆塩大福」は粒あんで、小豆は北海道産、黒豆には滋賀県で栽培された丹波種黒豆を使用しています。荻窪大福とみたらし団子は団喜の大津工場から夕方出荷され、午前中には店頭に並ぶとのこと。「大津は京都に近く、昔から和菓子店が多いところです。今、荻窪駅周辺には和菓子店が少なくなりましたが、そのような中で当店の菓子は地元の方にお茶菓子や手土産として重宝していただいております」と浅野さん。

詳細情報

35.7031656554772139.6216720999743
お問合せ
荻窪餡
住所
東京都杉並区荻窪5-29-1
電話番号
03-3398-6250
営業時間
10:00~18:00
定休日
無休(盆・正月を除く)

最終更新日:2021年03月05日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。