滋賀区

かばんやえいえもん

[買う]<,,

滋賀県高島産の“ええもん”=帆布を使ったこだわりの鞄づくり

ちょっと変わった屋号が印象的な「かばんやえいえもん」。高島特産の帆布を素材にしていること以上にユニークなのは、デザイン・制作・販売をすべて1人でこなす行商人というスタイルです。

一点一点手作りで、普段使いに適した気負いのないデザインで男女問わず人気を集めています。現在は、鞄19種類、小物17種類のラインナップ。修理などメンテナンスにも対応してくれるから、使えば使うほど味が出て、愛着も増していきます。

そんな中でも特に、「リュック(15,000円 税別)」は、4種類の厚さの異なる帆布を使用したシンプルなデザインで、性別問わず人気のアイテムです。また、雑誌などでも紹介されるほど人気のA4横サイズの鞄「ツートンとーと(13,000円 税別)」は、帆布に加え、表地は国産染色の麻を使用。

自転車での行商、Face to Faceでの販売で、顔の見えるものづくりもまた人気の秘密です。


■首都圏での取り扱い店舗:(一部取り扱っていない商品もあります)

ここ滋賀
住所:東京都中央区日本橋2-7-1
電話:03-6281-9871

詳細情報

住所
作者が出産育児のため、東京下町・千駄木にあった実店舗は閉店中。 取り扱い店舗もしくは、WEBショップでお買い求めいただけます。
電話番号
03-3634-3008
公式サイト
http://eiemon.com/shop/

最終更新日:2018年03月30日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。