滋賀区

PASTANTICO

[食べる]<,,

生パスタとお客様に寄り添うサービスが人気のPASTANTICO

骨董通りの一画、アパレルブランドのビルの側にひっそりとあらわれる「PASTANTICO(パスタンティーコ)」のエントランス。エレベーターまでの隠れ家のようなアプローチと打って変わって、3階のフロアへ上がると、ガラスのファサードにゆったりした開放的な店内が広がります。

「PASTANTICO」は、滋賀県出身のオーナー大野木氏が手がける生パスタが人気の「PASTAVOLA」の3号店。大野木氏はシェフとしてではなく、長年ホールでサービスに携わってきた経験を活かした「サービスマンならでは」の視点でお店づくりを行ってきました。舌で感じる「味」以上に「後味」の良さに焦点をあて、お店に入ってから食事し、退店するまで、いかにストレスなく気持ちの良い時間を過ごせるかを徹底的にイメージし、メニューブックから料理、そしてコミュニケーションまでを組み立てていきます。

なかでも特に面白いのがワインのメニュー。小難しい説明が苦手という人にも気軽に楽しんで欲しいと、ワインの味わいを誰もが知る有名人に例えて紹介。ストレスを解消すること以上に、食事の席のコミュニケーションツールとしても機能しています。

「半径200mの方の馴染みのお店にしたい」と話す大野木氏。一人ひとりのお客様に寄り添った対応と距離感が常連を生み出す秘訣です。青山でイタリアンを楽しみたいなら「PASTANTICO」で過ごす時間をぜひ味わってみて下さい。

今後新たな展開を模索する中で、滋賀の食材を使った新業態も検討中だとか。滋賀の食材を使ってどんな料理とサービスが楽しめるのか、大野木氏の今後の展開にも注目が集まっています。

詳細情報

35.660422139.716727
住所
東京都港区南青山6-5-39-3F
電話番号
03-6433-5240
営業時間
ランチ/11:00~15:00 LO  ディナー/17:30~22:00 LO
定休日
日曜
公式サイト
http://pastavola.com/

最終更新日:2018年03月30日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。