滋賀区

スペインバル・カサ・デ・マチャ

[食べる]<,,,

本場のスペイン人もうなる、旨味たっぷり近江米のパエリア

スペインで料理を学び、腕を磨いたオーナーシェフの瀧本雅彦さんがご夫婦で営むスペインバル。スペイン全17自治州を毎年1州訪問し、地域によってちがう地元料理を習得しているという。「ここに来ればスペイン全土の郷土料理が楽しめますよ」と語るその胸には、今までに巡ったスペイン各地方のエンブレムが光る。

野菜と魚介類の旨味がたっぷり染み込んだお店の看板メニュー「パコおじさんのパエリア」は、スペインで料理を教わったパコさんの名前から。

滋賀県甲賀市の近江米「日本晴」は、しっかりと甘みがあり、それでいてクセがなく、自分の作る料理にぴったりと2015年から使用。ふっくらと炊き上げるパエリアは「本場の味よりも旨い!」と驚くスペイン人もいるほど。

詳細情報

35.647468 139.743787
住所
東京都港区三田3-1-19 第12シグマビル1F・B1F
電話番号
03-5442-3446
営業時間
平日17:00~24:00(LO 23:30) / 土17:00~23:30(LO 23:00)
定休日
日曜・祝日
公式サイト
http://www.casa-de-macha.com/

最終更新日:2017年03月31日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。