滋賀区

酒肴 銀杏堂

[食べる]<,,

滋賀のお酒と手作り料理に舌鼓

路地の先、桐生稲荷神社のイチョウの木が目印です。隣のビルの階段を上り、ドアを開けるとそこは、仄暗い明かりに照らされた隠れ家のような空間。カウンター正面の違い棚には酒器や生け花が飾られ、古美術店のような趣も感じられます。

元はシガーバーとして2011年にオープンしました。現在は前オーナーから看板を受け継いだ幡明日菜さんが、美味しいお酒と肴を振る舞う「酒肴 銀杏堂」として店を切り盛りしています。滋賀県出身という縁から、仕入れている日本酒は滋賀県の酒蔵のもの。常時5~6種類を取り揃えていると言います。「浜大津の小川酒店さんにおすすめのお酒をお尋ねしています。琵琶湖の周りを山に囲まれ伏流水が豊富な滋賀県は、米どころでもあり、酒蔵がたくさんあります。蔵ごとの個性も豊かで異なる味わいの日本酒が揃うのも面白いですね」と幡さん。店名に「酒肴」と掲げる通り、お酒に合う料理も逸品です。しめ鯖、稚鮎の佃煮、塩辛、野菜のお浸し…いずれも幡さんが腕によりをかけた手作り料理。箸も杯も進みます。

暖かい季節は、テラス席もおすすめ。テラスから見える神社のイチョウの木は、夏には緑の葉を茂らせ、秋が深まると黄色く色づき、ビルに囲まれた都会にありながら心安らぐ空間となっています。

詳細情報

35.699640405692236139.74517072599434
お問合せ
酒肴 銀杏堂
住所
東京都千代田区富士見2-3-7ビューティーライフ富士見4F
電話番号
03-3239-1385
営業時間
18:00〜1:00
定休日
土曜・日曜・祝日
公式サイト
https://www.instagram.com/ginnando0000/

最終更新日:2021年03月05日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。