滋賀区

近江熟成醤油 十二分屋

[食べる]<,,

風味豊かな近江の造り醤油で、繊細な3つの醤油ラーメンを表現する

滋賀では馴染み深い名店「十二分屋」が、2018年6月「近江熟成醤油」の暖簾を、ラーメン激戦区高田馬場エリアに掲げました。店主である滋賀県彦根市出身の宮川澄人さんは十二分屋を東京に出店することによって、滋賀の誇る醸造業や食文化の魅力を東京の人にも紹介したいと語ります。

「十二分屋」の特筆すべきは用いる醤油によって異なる味わいの3つの醤油ラーメン。看板メニューの「十二分屋そば」は、彦根市の水谷醤油醸造場の本醸造の生しょうゆ「生地なり」を使った、香り豊かで引き締まった味わいです。他にも長浜のダイコウ醤油を使った「近江ブラック(甘口柚子醤油)」は、見た目に反して甘味と旨味が強く女性の人気も厚いとか。ラーメンはそれぞれ麺や具材も変えられていて、メニューにかけるこだわりをひしひしと感じます。

早くも「醤油ラーメンなら十二分屋」というイメージが付きつつある一方で、実はメニューは豊富で醤油以外のラーメンのほか、焼き飯や唐揚げなども。醤油ラーメンの制覇を狙いつつ、たまには気分を変えて別のメニューに挑戦したりと、滋賀が誇るラーメンを是非味わってみてください。

詳細情報

35.710758139.713792
住所
東京都新宿区西早稲田2-10-15
電話番号
03-6273-9112
営業時間
11:00 - 21: 00
定休日

最終更新日:2019年03月28日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。