滋賀区

DELICA&MEAT松坂屋

[知る]<>

こだわりの近江牛と滋賀県の食材を堪能できる精肉店

 東急目黒線大岡山駅北口に伸びる大岡山北口商店街に、こだわりの近江牛を提供してくれる精肉店がある。今では、近江牛だけでなく店頭に並ぶ赤こんにゃくや、店内の一角に飾られた滋賀県立長浜農業高校からの贈り物など、滋賀県との深い関わりを感じることができる。そんな松坂屋での近江牛のルーツは、10年ほど前に遡る。現在の4代目社長神田守さんが、4代目に就任されて牛の1頭買いを始めた頃、全国各地の和牛を市場で競り落としては店頭に並べていたが、満足のいく和牛に巡り合えなかった。そんなとき、競り落とした近江牛の脂、肉質に神田社長は衝撃を受けた。このおいしさは偶然かと思い、続けて3頭買ってみたところ、全ておいしかった。
 これ以来、神田社長は近江牛のみを厳選し、このおいしさを追求するため本を読んで研究したり、実際に滋賀の牧場に足を運び、どういった餌を食べているのか、牧場の環境など徹底的に調べるうちに滋賀をこよなく愛するようになったとのこと。
エネルギッシュな神田社長の人柄に触れながら、こだわりの近江牛を堪能してみてはいかがだろうか。

詳細情報

住所
東京都大田区北千束1-44-
電話番号
03-3717-3390
営業時間
9:30~17:30
定休日
水曜日

最終更新日:2023年10月03日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。