滋賀区

雲平筆

[買う]<,,

空海が唐から持ち帰った巻筆の技術、国内唯一の「雲平筆」

創業400年を超える筆作りの老舗「攀桂堂(はんけいどう)」。現在15代目、16代目の父子が作る「巻筆」の技術を継承するのは、日本では唯一、ここ攀桂堂のみ。巻筆は、古く空海が唐から伝えた根元に紙を巻いて作られる筆で、弾力があって腰が強く、多くの書道家に好まれて来ました。

長い歴史の中で、たびたび皇室からの訪問や納品依頼を受けるなど、優れた技術は代々「雲平」の名と共に親から子に受け継がれてきました。

筆を使って文字を書くことが少なくなった現代。奈良時代から続く方法で作られる、攀桂堂の紙巻筆(3,240円~)は、字を書く楽しみを教えてくれます。

■首都圏での取り扱い店舗

平安堂
住所:東京都千代田区九段南2-3-25
電話:03-3262-3621
http://www.sho-heiandou.co.jp

根津美術館
住所:東京都港区南青山6-5-1
電話:03-3400-2536
http://www.nezu-muse.or.jp

滋賀県東京観光物産情報センター「ゆめぷらざ滋賀」
住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館2F
電話:03-5220-0231

詳細情報

お問合せ
攀桂堂(はんけいどう)
住所
滋賀県高島市安曇川町上小川90-6
電話番号
0740-32-0236
公式サイト
http://umpei-fude.jp

最終更新日:2017年03月22日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。