滋賀区

大津絵Tシャツ<ビームスジャパン×大津絵>

[買う]<,

伝統の絵画をファッションにも! ビームス ジャパンと大津絵がコラボしたTシャツ

20~30代男女に人気のセレクトショップ・ビームスから「大津絵Tシャツ」が登場。大津絵とは、江戸時代初期の仏画から始まった絵画です。東海道の宿場町・大津宿で旅人相手に売られ、時代とともに仏画以外にも風刺画や美人画などが描かれるようになりました。

Tシャツにプリントされているのは、大津絵の中でも代表的な「鬼の寒念仏」の絵。鬼が僧衣をまとっていますが、顔形が鬼であるのに、身に付けるものを取り繕っても無駄だという意味があります。また、ツノは人間の我執を表していて、片方が折れているのには〝我を折れ〟という教えが込められています。

原画を手がけたのは、滋賀県大津市の「大津絵の店」。大津絵の制作を行う店は現在ではこの一軒のみです。明治元年に開業以来、店主は代々「高橋松山」の名を踏襲し、伝統を受け継いでいます。泥絵の具による肉筆で描かれたTシャツの鬼は、カラフルで大胆ながら、素朴な味わいがあります。

詳細情報

35.690355139.704028
お問合せ
ビームスジャパン
電話番号
0210-011-301(カスタマーサービス)
公式サイト
https://www.beams.co.jp/item/beams_japan/t-shirt/56040029349/

最終更新日:2020年04月03日 ※最新情報は店舗までお問い合わせください。 

  • 首都圏で滋賀を食べる

    澄んだ水と豊かな自然に恵まれた滋賀には、おいしいお米はもちろん、近江牛に近江野菜、“ふなずし”などの湖魚料理、近江の地酒など、魅力的な「食」がたくさんあります。そんな滋賀のおいしさを、首都圏で味わえるお店をご紹介。あなたの好きな滋賀のおいしいをぜひ見つけてくださいね。

  • 首都圏で滋賀を買う

    伝統に裏打ちされた確かなものや、新しいアイデアを形にした斬新な商品など。信楽焼き、発酵食品、びわこ文具をはじめ、滋賀ならではの風土から誕生した魅力的な商品が首都圏にもずらり!思わず買いたくなる商品をご紹介します。あなただけのお気に入りがきっと見つかるはず。

  • 首都圏で滋賀を知る

    江戸時代より近江商人が活躍した日本橋、江戸三大祭の一つ山王祭が有名な日枝神社。琵琶湖を模したとされる上野不忍池。首都圏には、様々な滋賀と繋がる歴史・場所があります。あなたの知っているあのスポットも、じつは滋賀がルーツかも。滋賀とのつながりを知り、滋賀を身近に感じてみるのはいかがでしょう。